全国エアロ会の概要

全国エアロ会の概要

設立

1987年(昭和62)年6月27日

目的

会員相互の協力により、建物等の改修に伴う新工法、機器、材料の開発及び施工技術の習得をもってこれらの普及と活用を通じ、会員相互の協調と発展のもと、社会に貢献いたします。

事業内容

全国エアロ会総会の開催、施工技術に関する講習会

沿革

全国エアロ連合会 発足
ニューエアロ工法(ノックスアンカー併用)発表
広島原爆ドーム補修工事
Gノックスアンカー(GNA)発表
ネットバリヤー工法 発表
Mノックスアンカー(MNA)発表
ネットバリヤーII工法 発表
ネットバリヤー工法(M2)評価書取得
剥落に対する賠償保険制度開始
エアロプレート工法 発表
壁面自動剥離診断機「リペッカー RF-500」 発表
ちょうちょアンカー工法 発表