工事の流れ

調査・診断依頼
劣化度、改修、耐震、保存、他の依頼を受けます。
調査・診断、改修設計、保全計画
■ 目視調査から始まり、診断機器を使った計測調査、精密調査等と数段階に渡る調査を繰り返し、状況を解析、評価します。その結果から調査報告書を作成し依頼主に提出します。 ■ 調査・診断結果に基づき、各種工法・材料を用いて改修の設計を行ないます。当社開発の多くの特許工法も改修計画に生かされています。 ■ 広範囲な調査・診断をすることにより適切な補修・改修計画を行なうことはもとより建築物の寿命を延ばすための長期保全計画も提案しています。
ご提案・ご説明→工法決定→見積作成→ご契約
総合技術
調査・診断の結果に基づき補修・改修の設計を行ない最善の工法を見つけ作成された報告書を基に補修方法を立案し、補修及び長期保全計画を進めていきます。全てにパーフェクトでありたいと願う当社の頭脳がここに集結します。

工法の開発、工法の販売
■ 大手GC研究所、NTT、INAXをはじめ、さまざまな技術研究機関などと積極的に技術提携、交流を行ない、需要の拡大する以前から蓄えてきたノウハウを基に新しいリニューアル手法に対応すべく技術の研究開発に邁進しています。 ■ 研究開発により制作した各種工法の機器・器具等建築リニューアル資材を全国特約店にて販売しております。

【リニューアルの技術】
ネットバリヤー工法
ノックスアンカー工法
エアロ工法

施工
これまでの実績としては、特許を含む独自開発の各特殊工法により、歴史的価値の高い建造物の保存工事を進めてきました。専門工事業はもとより、総合工事業として計画から外装全般に渡りトータルなリニューアル工事施工を行なう「建築物の総合病院」を目指します。

施工例

安全管理、各種勉強会
■ 毎月第1土曜日に安全衛生協議会を開催し安全管理を習得しています。また定期的に安全パトロールを実施し、ゼロ災害に努めています。 ■ ハイレベルな技術集団となるべく教育面にも力を注ぎ、各部門にそれぞれのエキスパートを配置することにより担当技術者のレベルアップを目指しています。
完成・お引渡し

主な施工実績