エアロプレート工法

エアロプレート工法

特長

  • 毛細ひび割れまで完全注入できる
  • 注入口が大きいので、低圧でも注入スピードが速い
  • ひび割れのシールが簡単でも、注入樹脂は漏れない
  • 狭い場所での施工が可能
  • 施工効率が高い
  • 経済的な工法である

用途

  • RC外壁の改装下地処理としての注入工事
  • 屋上防水の下地処理としての注入工事
  • 床版の撓みによるひび割れの補修工事
  • 鉄筋が錆びて発生するひび割れ補修告示
  • 鉄筋の沈みひび割れ補修工事

エアロプレート構造

エアロプレート構造

■新機構

【注入材抜出し機構】
注入途中で容器内に残っている材料の抜出しができます。

【抜出し方】
作業中シール漏れ等で注入を止めたい時、プレート注入口先端のネジを緩めると残り材の抜出しができます。付属のビニール袋を注入口にかぶせ、ネジを緩めて下さい。周囲を汚さずに注入材が回収できます。

ひび割れ補修施工手順

1. 事前調査

ひび割れの位置、幅、深さを確認する。 下地処理

2. 下地処理

ひび割れ部分とエアロプレート取り付け部を清掃する。

3. エアロプレート貼付け及びひび割れ目止め

200mm〜300mm間隔にパテシールを塗付けたエアロプレートを貼付け、ひび割れ表面とプレートの周りを目止めする。 エアロプレート貼付け及びひび割れ目止め1 エアロプレート貼付け及びひび割れ目止め2

4. 注入材充填

混合した注入材をグリスガン等に充填し、プレートの注入口より注入する。 注入材充填

5. シール材撤去及び仕上げ

注入材が硬化後、プレートを皮すきやサンダー等で除去し、表面を仕上げる。 シール材撤去及び仕上げ

使用材料

  製品名 工法材料名 荷姿
注入器具 エアロプレート 自動式低圧樹脂注入工法 50ヶ/ケース
注入材 エポキシ樹脂 低粘度エポキシ樹脂(JIS A 6024適合品) 3kgセット×4セット/梱
低揺変性エポキシ樹脂(JIS A 6024適合品)
シール材 目止め用 シール材 特殊ゴム製剥離シール 320ml/10本
プレート接着用 パテシール材 速硬2液エポキシ樹脂接着材 320ml/セット

資料ダウンロード

印刷資料等にご利用ください。

エアロプレート カタログPDF


戻る